2022/08/23
西鉄旅行からのお知らせ
後援会の旅行サポートを担当してくれている西鉄旅行より、北九州空港発着のチャーター便で行く東北・青森の旅行案内がきております。

利用されたい方は、西鉄旅行株式会社 北九州支店
担当:白石さんまで
電話:093-563-3710

詳細は下記パンフレットをご参照ください↓
北九州空港発着10月14日出発限定 往復チャーター便で行く東北の旅
2022/06/23
令和4年度 コロナ感染症の補償つき保険について
後援会会員子弟(大学院生含む)については、後援会団体障害保険の対象となっております。
本年度は、コロナ感染で自宅療養になった場合において、入院給付金1500円×療養期間が補償される保険を上乗せいたしました。
保健所からの療養期間の証明書で手続き可能です。
(特定感染症対象期間 令和4年4月10日午後4時~)
2022/06/23
令和4年度 各援助費贈呈式を行いました
6月19日土曜日午後2時より、JR九州ステーションホテル小倉にて各援助費について贈呈式(目録)を行いました。

大学院生への研究援助費の贈呈、学生自治会の総務委員長への学生自治会援助費、歯学科国試対策委員長への国試対策委員会援助費、各学年代表者への援助費の贈呈もなされました。

いまだCOVID-19については予断を許さない状況ではありますが、こんな時だからこそ本学学生は、しっかりとまとまって活動していってほしいと思います。
2022/06/23
令和4年度 書面表決書議決結果について
本年度の総会については、会員の方々が集まる会議形式の代替として、書面表決による議決となり、6月19日に集計を行いました。

結果、会員からの返信率71%で、各議案は99%賛成という結果でした。
後援会会則 第6章第25条に則り、令和4年度の議決が承認決定されましたことをご報告いたします。
2022/06/23
令和4年度 理事会が開催されました
令和4年6月19日日曜日 JR九州ステーションホテル小倉において、2年間対面で開催できなかった理事会を開催いたしました。
開催日時 2022年6月19日午前11時から
役員総数 24名
出席役員 12名 監事1名 (委任状提出10名)
議決事項 第1号~第5号議案  出席者過半数の賛成により可決承認

後援会会員各位、その他関係者の皆様方にご報告申し上げます。
2022/06/05
2022年 大学院生研究援助費選考会 結果のお知らせ
6月5日(日)に令和4年度大学院生対象研究援助費の交付者選考会を開催しました。
本年度は、申請者5名で、みなさんしっかりとした研究をされており、審査員一同、感心しておりました。
厳正なる審査の結果、5名全員に交付することとなりました。おめでとうございます。

■歯学専攻
顎口腔機能矯正学 岩田大季さん
顎口腔欠損再構築学 李宙垣さん
口腔機能発達学 益田修太郎さん
■口腔保健学科専攻
多職種連携ユニット 小山内博基さん
口腔保健学 山口瑠奈さん

6月19日(日)に目録贈呈式の予定です。
合格者の方には、詳細を通知いたします。
2022/04/26
令和4年度大学院生研究援助費 選考会のお知らせ
後援会では、大学院生の研究援助をすることにより、大学院生の研究がより充実し、ひいては歯学の研究発展の一助となるように、研究援助費の交付希望者を募集いたします。

※条件:後援会会員子弟に限る。
過去に会員子弟であっても大学院入学から年次会費の確認ができていない方は、会員子弟としての登録はされておりません。
案内文書もお届けしておりませんことをご了承ください。
年次会費の支払いで、入会登録となります。

① 2022年度 研究援助費金額
歯学専攻:150,000円 歯学専攻(口腔保健学専攻卒):100,000円 口腔保健学科専攻:50,000円
② 2022年度 交付人員
歯学専攻:8名以内  口腔保健学科専攻:2名以内
③ 選考会日 2022年6月5日(日)10:30~
④ 交付について
 2022年6月19日午後2時からの援助費贈呈式にて目録をお渡しします。
※贈呈式に正当な理由なく欠席の場合は、交付を取り消す場合があります。

⑤ 申請締切
 2022年5月27日 金曜日16:00まで
 
※締切後の応募は一切受付ません。

選考会申請書のダウンロードはこちら ⇓
大学院生研究援助費交付申請書【PDFファイル】

選考会申請書のエクセルファイルでのダウンロードはこちら ⇓
大学院生研究援助費交付申請書【excelファイル】
2021/07/13
大学との協議会が開催されました
7月9日(金)に大学と協議会を行いました。
例年5月もしくは6月には開催しておりましたが、緊急事態宣言下であることから、対面会議を避けるために、延期となっておりました。
会議内容については、事前に学生代表に要望をとりまとめた内容をもとに行われました。

まず、第114回歯科医師国家試験について大学からの報告。合否において、不合格だった浪人生については「聴講生」として、歯学6年の総合講義に参加できるシステムや図書館や自習ができる講義室への出入りを可能としたとのことです。(講義受講については、聴講料を徴収が原則)
ほかに、ロッカールームの目隠しパーテーション設置の検討やオンライン授業の出欠確認方法などの対応について協議されました。

大学もコロナ感染予防の行いながら、新しい生活様式を念頭においた学生生活を模索していただいていることも多いことも理解でき、大変有意義な会議となりました。
2021/06/29
歯科衛生士国家試験問題集 贈呈(口腔保健学科4年)
6月29日に、歯科衛生士国家試験合格に向けての問題集を口腔保健4年の後援会会員子弟に贈呈いたしました。(本年度の4年次は全員が後援会会員子弟ですので、学年全員へ贈呈できました)
弊会の吉野常務から、学年代表として歯科衛生士国家試験対策委員長の田中そらさんへ贈呈していただきました。
また、7月31日に歯科衛生士国家試験のための夏期基礎講座も後援会主催で、予定しております。
(講座は、新型コロナ感染拡大を予防しながらの開催できるよう、対応致します。)
現時点では、歯科衛生士国家試験の日程はまだ発表されておりませんが、学年全員の合格を目指して頑張ってほしいと思います。

次のページへ >>